腕時計の文字盤の模様を簡単に紹介します。

ジュネーヴ模様
みんなこれはよく知らないと思います。ジュネーヴは世界時計の都と言われています。スイスの第二の都市です。ジュネーヴ湖の西南の角に位置しています。ジュネーヴ湖は西欧最大の湖です。ジュネーヴの紋様は同心円形または平行波紋の装飾手法を採用しています。この模様は波がきらきらと輝くジュネーヴ湖の湖面のようです。だからこのような装飾模様を「ジュネーヴ紋」と名づけました。

 
太陽模様
太陽紋はより繊細な放射状の模様で、細い部品に放射形のジュネーヴ柄の曲線をまっすぐに伸ばすのが太陽紋です。また、質朴で飾り気のない直線的な糸と環状の糸があります。一見平面のように見えますが、細かくて均質なテクスチャが発見されます。しばしばサンドイッチの周辺の最も外側のリングとムーブメントの中の各種の連結軸に配置されます。

 
パリの釘紋
パリの釘付けはヨーロッパの中世の建築装飾芸術で、パリの多くの優雅な古い建築に登場しました。パリの釘付け模様は、文字盤のねじり綱状の装飾模様で、細かい錐体の形をしたクロス中空線からなり、行列で「ダイヤモンドの先端」を並べ、ピラミッドの格子の魅力を余すところなく発揮します。

 
バラ模様
カルティエも時計界のすぐれた人の一つで、その経典のデザインと独特なデザインは人に見分けられやすくて、カルティエ工作坊は文字盤の上で細かくて複雑な“双C”の環の紋様を彫刻して、つまりバラの模様、更に魅力的な四射です。

 
麦の穂模様
麦の穂の紋様は普通は黒色あるいは銀色の文字盤の上で使って、18世紀に起源して、フランスの有名なデザイナーのJean-Pierre-Fran c c ois Gillot-Duhamelの名前で命名します。彼は金属表面に複雑で精密な紋様を彫る機械を発明した。その後、このような紋様は広範に文字盤の製作に用いられ、文字盤にこの紋様を加えることで、文字盤の深さと視覚効果を高めることができます。