自分に合う腕時計はどう選ぶべきですか?

腕時計のサイズはサイズや用途によって異なりますが、大サイズ、汎用サイズ、小サイズの3つのタイプがあります。一般的に、カジュアル、スポーツの場では大サイズの腕時計が適しています。ファッション社交の場では小さいサイズの腕時計が適していますが、自分のスタイル、スタイルの好みなども考慮しなければなりません。

 
まずは自分の腕の長さを測ってみます。軟尺を使って腕を測って、腕に沿って骨の後ろの位置を強調します。巻き尺がない場合は、柔らかい紐や柔らかい紙で腕の位置を囲むことができます。覚えておくと、腕時計をはめる腕で、左右の腕の太さが違ってきます。前のステップで測定したサイズの単位をミリに変換します。例えば、16センチから160ミリに変換します。あなたが買いたい腕時計の直径の数字を使ってこの数字を取り除きます。例えば、直径38ミリの正装腕時計を買いたいです。腕の周りは160ミリで、その結果は160+38=4.2となります。この数字をケース指数と呼びます。

 
この結果から腕時計のサイズがあなたの腕に合うかどうかを判定できます。あなたに最適なケースの指数の範囲は4から5までです。4より小さいと腕時計は大きすぎます。5より大きいと腕時計は小さすぎます。(例えば、腕のサイズは160 mmです。サイズは32ミリから40 mmの腕時計が似合うと思います。)理想的なのは、腕時計のケースと腕の大きさが似ているので、できるだけ手首の端を超えないようにしてください。あなたの腕がお皿だと想像して、食べ物を中に盛ってください。もちろん食べ物がこぼれないようにしてください。ですから、腕時計の大きさはどれぐらいですか?好みの問題ですが、腕を超えないようにしてください。