舞うヴァンクーアーバーExtrordinaryシリーズ「蝶々」腕時計

Van Cleeef&Arpels梵克雅宝は天馬行空、気まま気ままに縦横に走る想像力を全く新しい風景に描いて、そしてトップの職人の巧みな手を借りて表盤の上で跳びます。さまざまな伝統工芸を活用して、方寸の間に精巧で感動的な場面を作り出しています。特別な文字盤の工芸腕時計の細部はVan Cref&Arpelsヴァンクリーンの雅宝卓爾の非凡なアイデアと誇りを表しています。

 
チョウは詩情に満ちていて、いつまでも続く大自然を象徴しています。チョウの美しさは、Van Cleeef&Arpels梵克雅宝に多くのインスピレーションをもたらします。1920年代には、繊細な羽を持つ美しい生き物が貴重なブローチとイヤリングに変身しました。その後、Van Cleeef&Arpels梵克雅宝はMystry Setting™の隠密式モザイク(1970年代)、真珠母貝とラッカーの木材で多くの蝶の形を整えたデザインである。

 
チョウが舞い、鮮やかなイチゴが元気いっぱいの夏の光景を作っています。黄色、緑、赤などの鮮やかな色と円弧の線が生き生きとしていることを示しています。神秘的な飛蛾が透明な羽をたたきながら、忽然と眠り美人の長い夢に飛び込んできた。真珠のような月の光の下で、文字盤の中央の葉に静かに生息している。

 
冬のきらきら光る雪や氷は暖かくてつややかな秋の色を消し去った。光の影は文字盤に進駐して、Van Creef&Arpels梵克雅宝の好きな白黒の設計を演繹します。繊細なチョウの翅が氷と雪の天地の中で羽ばたいて飛びたいです。