舟を乗せて舟を覆す石英表

日本石英表は最初の価値などが1部の屋根になっている(!)人が負担することをゆっくりと普及させたのは、十年八つのことである。この期間、スイスの時計業は、家が雨漏りになった夜の雨の悲惨な状況を経験した。これによってブランドは伝統的な機械技術を放棄しなかった。統計の数字によると、70年代初期のスイスは1 , 600の時計会社を超え、従業員は10万人に近いが、80年代の半ばには約1 , 000の工場が終業され、3分の2を超えて歴史の大輪に逃げられた。10年後、1980年に日本は大量に石英表を生産して世界第一の大時計の生産国となった。2年後にはスイスの第2の位置も保てない。