芝柏三金橋陀飛輪のおごり

三金橋陀飛輪のムーブメントの極簡単な美学は、高級なタブ美学の精髄と期せずして一致します。その構造は黄金比律の原理に合わせて、完全に時計職人の手で作られています。部品は全部専門の職人によって加工され、飾り付けされています。マザーボードは純金の添え木、歯車系橋と陀飛輪の副木で作られており、究極の美学、芸の精髄及び象徴的な意味を持つ原理を完璧に融合させています。アーチェリーのデザインは、人の手で装飾され、Esmarralda金橋の本来の美学を体現しています。矢の面にはきらきらとした鏡面効果があり、縁の面取りと側面はそれぞれ手作業で描かれています。視覚的なコントラストと明るさを高めるために、橋の腕は心をこめて「琢磨」しています。このような空間の精密な構造の中で、三橋は並んで並んでいて、独特な視覚効果を作り出します。

 
三橋の中間のダイヤモンド研磨構造は二本のネジで固定されています。だから、中輪と陀飛輪の外装の位置は正確に合わせなければなりません。陀飛輪の外装は80個までの部品があります。全部人手で加工します。技術が非常に優れた職人が組み立てる必要があります。ブランドの有名な手作業で七弦琴を磨き、全体の構造のバランスをより完璧にして、毎分に一回回転して、摆輪は一時間に21,600回振動します。このムーブメントの体積は16ファセット(直径36.60ミリメートル)と8.41ミリメートルの厚さで、2ヶ月で310個のセットを組み立てます。中には27個の宝石が含まれています。マザーボードの三分の構造が顕著であり,可視である。すべてのコンポーネント――表面が露出している金橋、複数の橋腕、陀飛輪の外郭を含みます。「三」という数字とその複数は、過去と現在と未来の度量衡を象徴しています。