莳絵失われた日本の芸術

「蒔絵」は日本の独特な漆器装飾技法で、中国から源を発し、日本に革新しました。日本の伝統工芸美術のシンボルの一つです。この主な表現は漆器と貴金属の粉末が融合した芸術効果で、19世紀の日本江戸前時代にピークを迎えました。

 
「蒔絵」の原材料は入手しにくいです。漆は日本の漆の樹脂から抽出したものです。毎年一回しか採集できませんが、採集後は3~5年間放置してこそ、耐摩耗性のある、蜂蜜状の漆に加工できます。

 
「蒔絵」は主にK金粉などの金属粉末を使って塗装を飾り、漆を描いて輪郭を強調する。細い金の粉は小さい竹の管と天竺のネズミの筆で漆の絵の上で飾り付けて、細い線を描き出して、今度の蕭邦L.U.C XPはシリーズの腕時計の操刀者の増村紀一郎を植えてただの蒔絵の工芸の大家の1つです。