複雑工芸「時計」を集結して魅力的な

remièレウォン透かし彫りツバキや飛行陀はずみ車の腕時計はシャネル展示機械制作の腕パンパンで、Mademoiselleシリーズは各種の先端技術の粋が集結し、総心にあこがれる。

 
特にブランド今年初めて運用イヌワシ宝石と彫刻などの技巧を制造してMademoiselle Priv Eシリーズ黒木屏風置き時計、射出の飾りに見える概念は装飾シャネルさんから住まいの黒木屏風。置き時計本体は壊れやすい黒曜石はその上に草花の宝石をちりばめトーテムとマイクロイヌワシを飾り、現れた職人たちの長年の経験して、賛嘆する。同時に、透かし彫りの手動の手動の機械のムーブメント、8日の動力の貯蔵を持つことを持って、ただ1件だけ。

 
同じ概念も現れる同シリーズの腕時計で、宝石の彫刻やイヌワシ工芸に引き立てられ、花と葉脈もくっきりと、光の文字盤には時間がかかりひゃく時間以上を生産、しかも同じ柄ではない。復雑な制作の技巧の加持、Mademoiselle Priv EだけじゃなくてCoromandel腕時計ではなく、秘蔵することに値しの芸術の傑作。

 
また、幾何学トーテム中心の奥バシン(Aubazine)シリーズの腕時計は、透過隠蔽式、レール式や特殊ダイヤカット手法をちりばめ、ダイヤモンド結合ダイヤルデザイン、現れシャネルさんが成長するまで、深く南法町奥バシン(Aubazine)修道教の寺院の窓を啓発を育成し、彼女は後日創作から、色を味わうな渋い純粋スタイルに影響され、さらに彼女は後日創作。