西鉄城CAMPANOLAシリーズ千代のランプ腕時計

2000年の誕生以来、CAMPANOLAは個性と品質を楽しむ時間を提供することによって高く評価されています。どの腕時計も先端技術と職人の優れた技術が凝縮されており、創意工夫に富んでいます。

 
「千代の灯」は古い日本語の言葉で、千の夜の灯を意味します。

 
「千代の灯」の文字盤はこの夜を思わせ、深い黒い夜空が小さな文字盤に集まり、大小の金の粒と精巧な貝殻の破片が自然に散り、温かく美しい。

 
「星の雫」は星のしずくを意味します。球面のサファイアの水晶のガラスの時計の鏡の下で、まるで暗い夜の大空の中で1基の神秘的で静かな日本式の庭園を埋蔵しています。

 
明月と星が水玉に映っている。突然滴り落ちた露の玉が水面にさざ波を立てて、いっぱいの星の光と月の影を砕いた。

 
質感の旺盛な漆細工の装飾面は文字盤の階層感を豊かにして、10時位の珍珠母貝は水に映った月のように、光の躍動する細い紋様を代表して、更に生き生きとしています。精巧な貝が漆の上に点在していて、夜空の天の川のようです。最初は暗闇の中で時間を知るために生まれた三問時報装置が、日本庭園の中水琴窟のような自然の妙音をうたっています。豊かで澄んだ声で時間を奏で、露のしずくを数えるような趣がある。