超薄型自動チェーン陀飛輪は純粋で優雅です。

発明の初めから今に至るまで、この発明の巧妙な設計と魅力的な卓越した機能は、常に人々のために重視されています。常に陀飛輪の設計の最初の目的に忠実であると同時に、新技術の出現に伴って、陀飛輪も盛んに発展しました。

 
Class ique経典シリーズ5367の超薄型自動チェーン陀飛輪腕時計はこの点を完璧に解釈しました。腕時計として、この作品は大明火エナメル文字盤、アラビア数字を搭載した時の求心的な環と青鋼宝珠の針――その外観はブランドの標識が付いた懐中時計と一致しています。似ています。

 
Class iqueクラシックシリーズ5377の超薄型自動チェーントビの腕時計の珠玉の透かし彫りの文字盤は大胆に非対称のデザインを現して、微妙で魅力的な全体の効果を作ります。

 
両モデルは世界で最も優れた自動上鎖陀飛輪のムーブメントの一つを搭載しています。その厚さはわずか3ミリです。直径41ミリのバラゴールドやプラチナゴールドのケースとの融合で、珠玉の透かし彫りの文字盤を組み合わせた表型は最大厚さ7ミリ、エナメルタイプは最大厚さ7.45ミリ。薄さはムーブメントの邪魔になりません。時計橋とねじ箱は全部手作業で美しい装飾を刻みます。双方向に動くプラチナリング自動陀は、ムーブメントの外縁に位置し、珠玉の表工場内で手作業で飾り、珠玉で模様を彫ることができます。