趣味たっぷりのグラビア初の重力センサー

腕時計の中の数字は時間と日付が乱れており、腕時計は手首の動きに従って、表盤の端や隅に散らばっている。

 
このような時間と日付はもちろん見ることができなくて、もし見るならば、とても簡単で、スクリーンに触れることができるだけであれば、時間と期日が元の位になることができて、まだ光があって、夜間に使うことができます。概念設計とはいえ、デザイナーの投票は生産に投入するかどうかを決めた。