転覆読み時のルール:Hautlence HL Sphere

Hautlence豪朗は8番目のオリジナルのムーブメントをリリースし、卓越した腕時計を発表しました。HL Sphere。時計の基本機能に回帰し、創意工夫の並外れた発現方式を提供することによって、ブランドの根本に戻り、本物の個性を再現する。回転球で時間を表示し、逆跳針で分を表示し、読み時のルールを覆す。

 
青い球体がケースの左手を占めています。小さなアーチ型のサファイアガラスの時計鏡を通して、青い球体が大気の美しさを際立たせています。目が移りにくいです。球体は12個の数字を刻み、3本の軸をめぐって自転し、現在の時間を表示します。一見、自由に動くように見えますが、厳密に編成されています。4つのテーパーギアは、2本をめぐって交差し、21度の傾斜角を持つシャフトを回転させて、夢中になるほどのダンスを演出しています。

 
青いPVDめっき工程を経て処理された二つの研磨チタン金属ケースはこのテーパー差動輪系を飾り、調和のとれたバランスの「陰陽球」を構成しています。球体の右側は逆跳分表示で、1本の分針が精緻で優雅な分軌道をめぐって正確に走る時、軌道が中空にして機芯の上に設けられて、平衡の摆輪が見え隠れするようにします。

 
このウィンドウズはベルトを外に露出させ、ゼロに戻る時の分針を減速させて運行します。この速度調節によって衝撃力を低減します。ジャンプをトリガするときに表示される差動輪とウォームホイールは、分針の下にも見られます。分の軌道とダイヤモンドの研磨された嵌合テープの分位は全部中間の文字盤に固定されています。この階は煙色の金属の質感工芸で装飾された石水晶の文字盤で、腕時計全体が更に澄みきっています。