連達ジュエリーの技術チームは、古代法のエナメル腕時計を開発した。

2年の苦労を経験して開発し、百万の経費を投入してようやく難易度の高い古法工芸、高温芸術のエナメルディスクの制作に成功!2018年には特に多くの新しい作品を出して、多くの時計の専門の展覧会に参加して、古法工芸や非物質文化遺産の精神を発揚しました!

 
約1 mm以上のエナメル表盤で、その工芸難易度はいくつかの面から出てきて、1:薄く割れやすい。2:何度も色を入れて焼いたことがあります。3:高温多熱が変形して精密な組み立て要求に影響を与える!4:忍耐と芸術の自己挑戦は、多方面の難易度の原因により、今ではエナメル腕時計作りの職人職人も少なく、ジュエリーレベルのエナメルを作る職人が少ない!困難を恐れず、師匠の指導なしに無数の技術のボトルネックを克服し、数百個の失敗品を経験し、我々tfl技術チームは、自分のエナメル作品を作りました。

 

http://www.jpabcdef.online/