青い空に輝く冠

百年霊航空カウント1自動機械38腕時計(NAVTMer 1 AUTOMATIC 38)
伝奇腕時計シリーズの一つとして、百年霊航空のカウントダウン1自動機械38腕時計(NAutomatic 38)にも独特の個性があり、先月の50年代の百年の霊が出した66型の時計金にさかのぼる。カウントダウンモードでは表盤が非常に簡潔に見えるが、女性にとって38ミリの表径は完璧なサイズといえる。

 
百年霊航空のカウントダウン1自動機械38腕時計で採用された珠串焼きラウンテン式の双方向表輪が太陽の下で輝いていて、まるで腕にかぶった空の冠をつけているようだ。

 
この航空カウントダウンファミリーの新メンバーは、新しいデザインの珠串のラウンテン式の双方向表輪を持っていて、太陽の下で輝いていて、まるで腕にかぶった空の冠を持っているようです。自動機械38腕時計の日付表示窓は6時位置に位置しており、日付盤と赤色の先端秒針を組み合わせて、最も明確な読読性を提供する。

 
航空カウント1自動機械38腕時計(Ninitimer 1 Automatic 38)は、精製鋼の表殻と銀色の表盤の精鋼金を備えており、18 K紅金表輪と茶色のワニの皮のバンドを組み合わせた。黒色、青の表板を選ぶことによって、相応の表帯を組み合わせて、あるいは銀色の表盤の精鋼の金を組み合わせて、18 Kの赤い金の時計の輪と茶色のワニの皮の表帯を組み合わせます。

 

http://www.jpabcdef.online/