非常に少ない量のラングGrand Coplication腕時計を発行します。

これは発行量が極めて少ない(6枚しかない)超複雑な機能腕時計で、2013年に最初に登場したジュネーヴの腕時計展で、毎年一つしか生産できないそうです。この腕時計は外観も内面もかなり高い技術水準を持っています。まず外観としては、手作りの白い大明火エナメル素材のメインケースに4つの小さな文字盤が精巧に現れています。また、最も重要な内在的機能は、Grand Coplicationが月相、万年暦、双追針クロノグラフ、大きさ自鳴、三問時報などの複雑な機能を持っています。陀飛輪を除いて、主な複雑な機能はほとんど揃っています。また、この時計の大きさは50ミリと小さくないことを意味します。

 
今回の万年暦の機能設計は非常に精巧で、いずれも指針式の表示方式で、うるう4年の月を直接12時の位置の小さい文字盤に並べて、うるう年の時間を直接表示することができます。また、9時の位置は周暦指示盤で、3時の位置はカレンダー盤で、6時の位置は月相表示と飛行秒針盤です。

 
また、特にこのGrand Complationは豪華なダブル追針クロノグラフと6時のfoudroyant飛行秒針を装備しています。これらの機能だけで248の部品があります。つまり、ほぼすべての部品の30%を占めています。

 
最後に大自鳴、小自鳴、三問時報機能を話します。多くの三問表と同じように、ケースの側面の8時の位置にあるスライダーを押すと、三問で正確に分の時報機能が得られます。いくつかの友達が知っているかもしれませんが、ドイツの時計はゲーラの重鎮にあります。実はタイムウォッチを作るのが苦手です。多くのドイツの時報ウォッチはスイスから輸入した時報セットを採用しています。ラング氏はこの腕時計を開発する重要な目的の一つとして、時報システムを開発し、今後の技術備蓄としていることが分かりました。