風はまだやまない

2018年、甚だしきに至っては前の数年の一大ブームは「復刻」(偽表商人が言っていた「復刻」ではない)であり、ブランドの歴史上にかつて現れた古いモデルを新たに作るという意味です。私たちの観察によれば、このリピート表はとても人気があります。そのため、私達は2019年に多くのブランドがこの技を続けて遊ぶと予想しています。

 
遠くは言わないで、最近いくつかの大ヒットの腕時計を話して、万年不変のロレックスの以外、宝パー帝の舵の小さい盾の1958、豪利の時の65銅の輪、波の琴の経典の復刻のシリーズ、精工の復刻の1968潜水時計、雪の鉄の納めるPH 200 Mなど、すべて自分のブランドの歴史の上でかつてあった古い時計をもとにして作り直した復刻表で、経典のため、また解け合いました。代工芸は、チケットマニアの心を簡単に取り入れられ、火を出すタイプがほとんどです。

 
このような風潮の下で一番利益があると言えば、やはりロンジンです。人の歴史の上でかつて非常に輝かしいことがあります。経典の古いタイプは数え切れないほど多くて、適当に復刻すれば大ヒットできます。今年は、ビッグバンや軍旗など一連の腕時計の成功が証明されました。もちろん、私達もこれに対して満足しています。市場では良い商品が多ければ多いほどいいです。