飛亜達カメラマンシリーズの光陰物語

表殻はステンレスで作られ、IPゴールド、直径42.1ミリ、眩しさの青い宝石の鏡面を防いで、防水の深さは50メートル。

 
銀色の大きな表板は透かしで処理して、線は清らかで、裸の機軸は機械の美感に満ちていて、男性の陽剛気質を尽くします。透かし彫りにして「穴」を察して、カメラマンがレンズを通して生きているように見える。

 
二重円環構造を採用し、金属の質感のローマ文字を円環の内にはめ込み、カメラレンズの立体効果を示す。小型のレトロカメラを腕につけているようだ。

 
底蓋はカメラのレンズ形態を復刻して、コーティングブルーの宝石面を備えて、ねじの透視底の設計を採用します。

 
輸入自動機械のコアを搭載して、茶色の牛の皮のベルトを組み合わせて、全体的なスタイルの復古経典を搭載します。