飛亜達FIYTA「殲-20」連名限定で空を飛ぶパイロット

2016年11月には、ステルス戦闘機「殲-20」が誕生し、優れた性能で一代の空中覇者となった。この空の重機を記念して、飛亜達は共同で「殲-20」という戦闘機の提携によって連名限定の腕時計を発売し、戦闘機の頑丈さを腕時計に凝縮させました。

 
この「殲-20」連名限定の腕時計は簡単な連名だけではなく、至るところに「殲-20」戦闘機の独特な要素が現れています。筐体の側面の輪郭線は、「殲-20」の機体の輪郭に由来し、滑らかな流線型を示しています。腕時計の冠と押す組み合わせの形は、戦闘機のエンジン尾噴と呼応しています。秒針は戦闘機の形を示し、赤い先端を飾り、白黒の配色に彩色を加えています。文字盤は「殲-20」の線図を印刷し、戦闘機の輪郭を描き出しています。底を透かして設計することで、「殲20」の戦闘機の輪郭を刻むことで、戦闘機の剛毅さが際立つ。

 
「殲-20」連名限定腕時計は材質の運用においても新たな「材」を開発しました。チタン5級とダマスカススチールの2つの独特な材質を選んで、ケースを鋳造します。2つはそれぞれ黒い文字盤と銃色の文字盤を搭載しています。チタンはステンレスと比べて、重さ、硬さ、耐食性において優れています。傷が付きにくく、航空宇宙や軍工国防の分野で広く使われています。もう一つの腕時計はダマスカススチールを採用しています。鋳造過程でダマスカスの鋼鉄は行雲のように流れる水のような模様になります。腕時計は一つとしてもユニークです。二つの腕時計は全世界で300枚限定で、番号を刻んで、材質から記念の意味まで、男の心を直撃します。