高振動数ムーブメント:グランドセイコーキャリバー9SA5ムーブメント

グランドセイコーのキャリバー9SA5自動巻きムーブメントは、2020年にリリースされた「60周年記念限定版SLGH002」時計を搭載し、高い移動時間精度と電力貯蔵スイング周波数36000vph、1日あたり+ 5 / –3秒の精度を兼ね備えています。 、パワーリザーブは80時間に達しています。

 

キャリバー9SA5ムーブメントには3つの主要なアップグレードがあり、1つ目は「ダブルインパクトエスケープメントシステム」です。動力は一方の方向からバランスホイールに直接伝達され、もう一方の方向にはガンギフォークを介して伝達され、ガンギフォークとガンギホイールの両方が使用されます。 MEMS製造。

 

2つ目はグランドセイコーが独自に開発したフリーバランススプリングで、8万回以上のシミュレーションを経て、最終的に最終的な曲線形状が決定され、精度が向上し、耐衝撃性が向上しています。 最後に、バレルとギアトレインの水平レイアウトのおかげで、ムーブメントの厚さはわずか5.18 mmで、これまでの最も薄いHi-Beatムーブメントよりも15%薄くなっています。

 

時計の下からムーブメントの精巧な装飾も見ることができます。ブリッジプレートの曲線のデザインは、グランドセイコー時計工場の近くの岩手山と雫石川から来ています。