高級な表と流体技術の完璧な融合:HYTは時間の流れの非凡な様相を示す。

数百年前から、人類は今通用する時計を発明して以来、回転の指針も、躍動の電子数字も、これらの伝統的な時計には補えない欠陥があります。それは時間の流れの本質を正確に表現することができません。孔子は「逝くものはかくのごときか、昼夜を問わず」と言い、フランスの作家マルセル・プルーストが「失われた時を追憶する」を書いた。しかし、我々の時計は「時間は流れている」という明白な概念を表現できない。

 
百年来防水腕時計を設計することに執着する伝統的なタブ業にとって、水はすべての時計の天敵で、液体を利用して時間を表示するのは非現実的な幻想で、達成することができない技術の悪夢です。液体機械表師(Hydro Mechanical Horologists)のHYTが創設されたことにより、表界はついにこのような謎を打ち破り、高級な表芸と流体技術を完璧に融合させ、破天荒に液体流で時間を表示する斬新な時計を作り出しました。この春、スイスのナシャテルにあるHYT時計工場とPreciflex実験室を訪問しました。次はあなたを連れて時間の奇跡の旅に来させてください。