黒塗りの純粋さと深い美しさ

現代の繊細でキラキラしたテーマに合うために、表の底蓋の芯を通して彫刻と漆工芸を利用して、同じ波模様を作りました。輪船の副木の図案は北斎の作品になくてはならないもので、現代世界に有名な日本風景の富士山の輪郭です。この腕時計の名前はFUGAKU(富岳)で、日本語の富士山の別の表現です。

 
FUGAKU(富岳)陀飛輪腕時計の唯一無二の色は彫刻と漆芸の結合に由来しています。複雑な彫刻に多様な色を取り入れることで、彫刻の模様は三次元に輝いています。文字盤の色の漆は、紺から紫までのグラデーションを鮮やかに表現し、明け方の空の風景を描いています。この色グラデーションの設計要求は非常に先進的な技術を備えており、世界的に有名な蒔絵芸術家Isshu Tamura(田村一舟)大師が心血を注いで描いたもので、最も正確な0.1ミリの厚さの色調に達しています。文字盤のCrediorのマークも田村大師が金漆(蒔絵)を手作業で作ったものです。

 
精巧な真珠の母の工芸は六辺模様の伝統的な日本式Seigaiha(青海波、青い波模様)と十二辺の雲と千鳥模様を描き、日本の自然景観の美しさを伝えています。