1,000元の予算と10,000元の経験で、あなたはそのような時計の経験がありますか?

高価格と低価格の「熱を持って生まれた」これはある携帯電話ブランドのスローガンのようです。一部の人の目には、これは市場ルールの違反である悪意のある競争です。事実は、これがより多くの愛好家や愛好家を満足させるだけでなく、市場の多様化を拡大し、変えたことを証明しています。

携帯電話だけでなく時計も同じです。千元の予算、1万元の経験、手が届かないように見え、市場のバランスを崩しているように見えるのは、より多くの時計の友人の経験を満足させるためです。市場の形を変えることはできないかもしれませんが、より多くの時計の友達のニーズを満たすでしょう。時計の友達が最も活用している2つの時計を見てみましょう。

 

 

ロレックスゴールドヨット

時計に関して言えば、ロレックスコピー
である人々の心には3つの言葉があります。ラオスのブランドマーケティングは間違いなく成功しています。プレミアムグリーンウォーターゴーストと入手困難なパンダディは、これらのスタイルよりも貴族的です。直径40mm、2方向に回転する外輪、フィッシュバブルミラー、メルセデス針はすべて非常に象徴的です。

ムーブメントは時計の心臓部であり、時計店はより価値があります.3235ムーブメントは、本物の解体、正確なデータ統計、100%復元生産、31ジェム、70時間のパワーリザーブを備えており、元の部品は交換されており、プロセスは複雑で困難です。

 

 

パテックフィリップノーチラス

直径40mm、プレートは水平水平エンボスパターン、サファイアミラー、優れた透過性で設計されています。軍艦の舷窓に着想を得た八角形のベゼルは、厚さが8.3 mmで、最も薄いスチールキングと呼ばれています。

ウォッチキングppのエントリーモデルであるノーチラスは、多くのウォッチフレンドにウォッチキングの魅力を感じさせませんでしたが、それは単なる追加の目標でした。高精細ノーチラスはこの問題を解決します。324scのムーブメント、オリジナルの型開き、1日2秒の差、刻印されたppマーク、正確で信頼性の高いものを備えています。