2015年に世界知能時計市場、アップルは52 %を独占する

アップル社には、2015年よんしよ月リリースのApple Watch知能の時計に、同製品とみなされているこの家の科学技術大手の進む道に頼るのではなく、単純にはすでに飽和のスマートフォン市場。また、アップル社のライバルサムスン以前はこの市場に一定の基礎を打ち立てました、その第一世代スマート時計製品2013年にリリース、そしてApple Watchの発表を意味するアップルも入ったこの分野。
Juniper報告によると、Apple Watchが遅いにもかかわらず、2015年に全世界にスマート時計市場に占めるシェアは52%。
「それ(Apple Watch)のNINKI度をはるかに他のライバル、そのうち(サムスン)Android Wear出荷量の年間総売り上げに占める割合はわずか10%にならない。」報告書。「他の大多数の知能時計販売から現在も低価格で、機能は比較的簡単な設備、これらの設備は一連の小型メーカーのように、Martian、XとRazerなどで、最後に1家の会社最近グラスホッパーマニファクチュアに開始したと発表しNabu Watch。」
昨年、知能の腕時計が用いて何はテクノロジー業界の中で最大の1つの問題の一つで、多くの人が信じない消費者の意思は購入などの設備、原因はその機能とスマートフォンや服装のフィットネスリストバンド類似。Juniper火曜日にリリースの報告によると、これまでの主な原動力スマート時計市場から基本機能を備えているだけの低価格製品。「重大な突破性進展」としては、知能時計が「重大な突破性」を取得していないということですが、革命的な変化はなく、この業界部門が「市場を待っている」と指摘しているという」。
Juniper調査アナリストジェームズ・莫ヴァル(ジェームズMoar)は火曜日には報告の中で「新装置を提供するよりもよく修飾の外観や少し違うの機能が性能や用途は重大な変化はない。確定の知能時計機能から見れば、現在の決定ながら消費者には、彼らは自分で決めたいかどうかこの製品ではなく、科学技術株式会社が提供する多くの購入理由。」