2019オメガ:超覇シリーズ「アポロ11号」50周年記念限定腕時計

1969年に人類が初めて月に登り、アポロ11号の宇宙飛行士の月着陸に伴ったオメガのビッグ腕時計には、伝説321のムーブメントのアップグレードバージョン861のムーブメントが搭載されています。その後、オメガは861ムーブメントをロジウムメッキプロセスを採用した1861ムーブメントにアップグレードし、より強い安定性を持たせ、振動周波数は861ムーブメントと同じです。アポロ11号の月着陸50周年に当たり、オメガ(O M EG A)は、人類初の月着陸の偉大な瞬間に敬意を表して、新たなビッグマックシリーズの限定腕時計を発表しました。

 
オメガは、最高峰天文台に認定され、1861のムーブメントと同じサイズのムーブメントを作ることを決意しました。4年間の繰り返し試験を経て、オメガ3861-臻天文台のムーブメントがついに誕生しました。そして、ムーブメントの動力貯蔵、精度と磁気防止性能を高めました。毎日のタイムスリップ誤差は-1/+11秒から0/+5秒まで上げます。新しいムーブメントにはストップ機能が追加されています。この機能により、着用者は時計の冠を引いて秒針を停止させ、リセット時間を正確に調整することができます。