2019独立タブブランド概要

三大タブグループLVMH、エフェメリスグループ、Swatch以外にもいくつかの独立したタブブランドが存在します。彼らは総称して独立したタブと呼ばれます。独立した表のブランドはもっとトップで、贅沢品の中の贅沢品で、このような腕時計カルティエスーパーコピーの数量は有限で、十分に貴重です。現在、有名な独立したタブブランドは百達翡翠麗、パーマ強尼、フランクミュラー、尊達、豪爵、デニノフ、フェリ夫、NHC、MB&F、ハレウィントンなどがあります。

 
独立したタブマンとは?
大きなメーカーが毎年現代のコンピューターと機械化を利用して、千万以上の時計を生産することができます。独立した時計職人たちは古典に回帰する表を選択して、この数年間の時計業界の近代化への接近が速すぎます。

 
独立したタブマンはどのようなグループですか?まず彼らのほとんどはスイス人で、スイスの周辺国から来た人もいます。フランス人やドイツ人、そして中国人もいます。世界各地から来ましたが、彼らの数はとても少ないです。AHCI(独立タブ学会)に登録された独立したタブマン(故人と候補を加える)は40人しかいません。独立したすべてのタブ人がAHCIに参加するわけではありませんが、この数は基本的にサイドから独立したタブマンの実態を反映しています。

 
静かな谷間では、独立した時計業界の技術と伝統的な製造方法を取り戻すためにしようとする独立した時計職人たちが、真剣に機械表の「芸術」の特徴を無限に拡大し、独立したタブ職人の特徴は、ムーブメント構造機能の斬新な創意にあり、バージョンと外形の独特な設計も含まれています。一つの新しい概念の作品は、そのため、独立した表職人の工芸基準が常に普通の「業界標準」より高いです。

 
独立タブ人のターゲット
有名なインディーズのRichard Milleが個人の作品をデザインする時、自分の満足できるレベルに達するために、まる3年半を費やしました。彼は最後にリストを組み立てる時に全部崩壊すると言っています。表自体は技術的な仕事で、製造の過程はとても柔軟で、霊感の芽生えからその実現可能性に対する判断まで、いつも一定の時間が必要で、そのため、腕時計の完成品ごとに価値が高く、何度も億万長者に収蔵されています。

 
価値は高くないですが、お金を稼ぐことはこの業界の唯一の目標ではないです。時にはこのような時宜に合わない堅持が窮屈な状況に陥りやすいです。独立したタブマンの個人ブランドは、時計師の濃厚な個人スタイルに満ちているので、ガガミラノコピー文字盤のデザインから材質までは自分で決めます。腕時計の部品は器用な人の手で磨きます。手間と精力は機械化生産の腕時計ではないです。