54万円のランフクロウは一体どこに存在しましたか?

多くのプレイヤーは、今では百達津麗と平然と座っている腕時計は、ラン格だけ。現在、いくつかのトップブランドは、入門の敷居を下げ、公定価格が10万元未満の鋼表を出している。朗格は今しか残っていないもので、金表の札だけを生産していて、とても珍しい。ラン格1、1815、サクソンのような腕時計は、ずっと朗格の比較的人気のある時計であるが、ラグの人には知られているが、ラグフクロウ(公式名称はZeitwerk)は朗格最牛のハイエンド表の一つである。通常版のK金殻フクロウの公価54万元は、二級市場でも、フクロウの競売や中古相場も、比較的高い。

 
しばらく前に、朗格はラグフクロウの設計段階の様々な図面と詳細を披露した。事実の証明によって、ラグフクロウは設計段階において、万国波威柏を参考にする案も含まれているということです。だから今日は皆さんにこれらの案を展示してみて、ラグフクロウがどこにいるのか見ていますか。

 
ランフクロウは、1羽のジャンプ文字の時計です。時計盤には2つの窓があり、窓の数字で時間(左は時間、右は分)、表盤12時位は動力表示で、6時位は小秒針となっている。時間と分は完全にデジタル的で、伝統的な針や針はありません。ラン格1、ラン格Datogp、ラグフクロウは、朗格の最も代表的な3つの腕時計である。その中のフクロウは最も遅い時間を出しています。朗格1は1994年に発売されましたが、朗格DATOは1999年、ランガーフクロウは2009年に発売されました。