Anton Flying Tourbillownドラック腕時計を鑑賞します。

「Anton Flying Tourbillown」は、19世紀のザクセン王国国王アントニーにちなんでブランドの最初のトタンの腕時計でもあります。

 
40 mm x 32 mmの長方形のケースを使用しており、プラチナやバラゴールドの素材が選べます。ケースの4角は独特の内弧カット角で、白いエナメルの文字盤を視覚的に強調しています。文字盤に黒い軌道の目盛丸と「Art Deco」を印刷して芸術フォントを飾る時の標識で、中央の二重針は青鋼または純金で作られます。6時は人目を引く大きなサイズの陀飛輪と小さな秒針で、陀飛輪枠の直径は1.11 mmに達します。

 
calibree IX手動チェーンムーブメントを搭載し、周波数18000 vph、動力備蓄55時間、表の底を開けば印象的な4つの橋構造が見られます。上部の2つの基板ネジはそれぞれ1つの明るいカットダイヤモンドをはめ込みました。

 
茶色や紺色のワニの皮のバンドに合わせて、裏地の材質はサメの皮で、2018年Baselworld表展で正式に発表されます。バラゴールドは86100ユーロ、プラチナは98700ユーロです。