BASELWORLDバーゼル時計展の極致装飾工芸

毎年見本市はミニチュアアートの究極の競技場です。今年は一般的に保守的な傾向の下で、工費は定価が高く、工程表は多くないですが、集中して精彩を収めて品質で勝負します。例えば、今年は伝統的な時計工芸と複雑な機能にこだわったブルガリのジュエリーウオッチや、ジュエリーのほかに、カラフルなディヴァスの「ドリーム」Dream「m tier d’art」という表もあり、文字盤にカラフルな天然クジャクの羽をはめ込んだ華やかなサプライズです。

 
さまざまなミニチュアの装飾工芸を集めてきたシャネルのMademoiselle Priveジュエリー腕時計シリーズは、今年は長目の錬表を発売し、18 K Beigeベージュの金彫刻の枝葉、白い真珠の母貝の彫刻の花、ダイヤモンドのちりばめ雀の鳥と、烏の木屏風の風景を構成しています。特に、ブランドの定番「ストライプソフト」をテーマにしたBOY.FRIENDの腕時計は、ミニチュアの巨匠Anita Porchtが手がけた大明火エナメルのシリーズ3枚があり、赤、青、ピンク各20枚限定で、かなり貴重です。もう一枚の阶调は柔らかくて、白黒を押して模様を重ねて作ったので、よく见ると半立体レリーフのようです。

 
ショパンは毎年牡丹をモチーフにした限定L.U.C XP Esprit de Freurier Peonyの腕時計を作っています。今年はさらに金の彫刻、転写、真珠の母貝を練り合わせ、深さ8つの異なるピンクの牡丹の満開を描き出しました。もう一つのユニークなL.U.C Perpetual T Spirit of the Dragon and the Pearl工芸表は、表殻側に2つの金龍が彫られています。表冠は真珠をはめ込みます。熟練した職人が200時間勤務して丁寧に彫刻します。ムーブメントはブランド自慢の9日間の動力万年暦ムーブメントです。2100年まで調教する必要がありません。