BVLGARIブルガリ——精製鋼に優しい特質

強固な鉄炭素合金は、紀元300年の北インドに初めて現れた。このインドの技術は後にダマスカスで完璧を得て、ヨーロッパの十字軍に対抗するための宝剣を鍛造するために用いられました。鋼は最も早く17世紀のヨーロッパに現れたが、1740年にイギリスが工業革命を始めた時に、広く使われ始めた。その機能は強くて、強固で、伝統的には腕時計の殻やバンドを作るのに使われる。1970年代には、BVLGARIのブルガリのジュエリーは、この材料を使って、創始性のある、無粋な創造方法を決定した。

 
BVLGARIブルガリの有名なバンブルグブレスレットとネックレスは精鋼と黄金を採用しています:異なる色の金属は面白い組み合わせを行い、ブランドの大胆なカラーの宝石を呼応してみます。TBBogetシリーズの柔軟な鎖は非常に複雑な技術を応用しており、チェーンの間には溶接が必要でなく、絡みと噛み合わせた金属の長条を利用して、大きなエッジを作り、コアを巡っている。特殊なタイプのステンレスは独特の灰色の色調を呈しており、マイクロ鋳造に適用されて専門に研究され、これらの称賛の作品を作り出す。