Charles横断飛行:ロンジン横断飛行Hour Angle腕時計

ロンジン横断飛行Hour Angle飛行表は記念1931年アメリカパイロットCharles横断飛行は33時間はさんじゅう分の記録から、成功ニューヨーク飛行からパリ。この時計は当初はグリン・威治との時角を計算したもので、航空飛行にとって非常に重要である。しかし、もっと精密な時計を計算するにつれて、この時計はだんだん時代に淘汰されていく。今アメリカワシントンスミソニアンブリタニア学会が収蔵1匹の中古Hour Angle腕時計が見えるらしくないは本人がつけて横断飛行。この時計は、家族Stanleyキング寄贈し、中には関係Stanley横断飛行に物事のコレクター。でも最初横断飛行がつけてロンジンHour Angleは一体どこには、依然として未知数。