Chronometrie FB 1胡麻チェーン+ドラフト腕時計

「Chronometrie FB 1」は、最も複雑なところは「胡麻チェーン」(fus e–chain)ブライトリングコピー構造を採用しており、バネボックスの動力を一定出力し続けることを実現しています。

 
44 mmのケースは現代的な八角形のデザインを採用しており、表側の透明窓からはゴマチェーンの構造とムーブメントの作動が見られます。大型の表冠は特にマニュアルチェーンの最適化です。

 
時計盤のレイアウトも独特で、12時は時分針で、9時は動力保存で、真ん中は秒針です。馬輪は表の背の6時に隠れています。時計の背にひっくり返ると、ばね箱、ゴマチェーンシステム、超大サイズのドラフト構造が見られます。このようなデザインは19世紀の懐中時計に似ています。

 
完全自産ムーブメントは1120個のコンポーネントで構成され、周波数は3 Hz、動力は53時間記憶されています。

 
プラチナとバラゴールドの2つのバージョンを提供します。各限定50枚です。