Classico Luna鎏金しみこむ月コメント「腕時計

太陽は発光する球で、1日朝東から昇る、その形は永久不変です。月は同様に魅力的で、神秘的な光を出す、その形態はすべての晩にすべて異なっていて。三日月の淡い影から、欠けた「D」の形でゆっくりと絃月、満月に小さくなって、そして「C」の形の下絃の月、最後に戻って三日月、それの吸引力影響や自然の世界に魅瞭千年を超えて。

 
Ulysse Nardin(アテネ)を鎏金わざわざ新しい清月腕時計シリーズ、厳かに美しい月敬意を表す。
鎏金しみこむ月腕時計設計富伝統的な特色、腕時計月から変わりやすい形態取得霊感。まねして月の狂詩限定腕時計表示月相の原理、加入欧克林博士のDNAが、鎏金しみこむ月腕時計を正確に描いて月を回す時の真実。