Freak NeXtコンセプト腕時計:飛行発振器

Ulysse Nardinはユニークなコンセプト作品「Freak NeXt」を発表したばかりです。独特なところは、新開発の珪素質「飛行発振器」を搭載し、ホイールチャックの固定を必要とせずに「浮遊」構造を持ち、部品間の摩擦損失を解消し、最大限にムーブメント効率を向上させます。

 
このコンセプトシートには45 mmのプラチナとチタンのシェルを使い、白いゴムの輪には緑色の夜光コーティングが施されています。外観は依然としてマーク的なFreakシリーズのスタイルで、歯車と回転のフライトカロチンで時間を指示しています。注意すべきは両側の蛍光管です。

 
円形の「飛行発振器」は、シート全体の最も目立つ部分であり、32枚の超薄型シリコンを含み、16個の三角形から4層の立体構造を構成しています。サイクリング軸芯の支持が不要ですので、発振器の動きは空気との摩擦だけで、振動周波数は驚くべき12 Hz(86400 vph)となります。70時間に達する。

 
UN-25 Xのムーブメントにはアンカー式の一定射程とGinder自動上鎖システムが搭載されており、ブッダは円形フレームに接続され、4つのラチェットで中央ギアと噛合し、双方向上鎖能力を提供しています。

 
Freak NeXtはコンセプト作品で、2019年末に量産に入る予定です。