Garmin腕時計は時代と共に進んでいる。

個性的で多様性を主張する時代に、服やカバン、靴がぶつかって困ることがよくあります。だから、腕時計は人々の新しい趣向の宝物になりました。時代と共に進化したベテラン腕時計ブランドとして、Garminはファッションに欠かせない。

 
「顔の値が正義」という今の社会では、元々スタイルの粗野な運動腕時計が「醜すぎる」と突っ込まれていますが、Garminは元の四角形の文字盤を捨てて、よりファッション的な丸い文字盤に変えています。スマート腕時計が流行した時に、Garminは素早く反応して、最初のスマート腕時計vivomoveを発売しました。

 
2013年以降、アップルの携帯電話は土豪金とバラ金を燃やし、多くの科学技術ブランドが自社製品にこの2つの配色を導入しました。Garminも例外ではありません。Fenix 3(バラゴールド)以降、Fenix 5/5 Pシリーズ、vivoactive 3シリーズ、vivomove HRシリーズは金色のデザインを提供しています。VIvomove HRシリーズはバラゴールド、流光金、黒バラゴールドなど多彩な配色をデザインしています。

 
このほか、Garminはグレーと白黒の色調を変えて、桜の粉、マカロンの青、海のしぶきの青、きらめく橘などのファッション的な色が現れ始めました。さらに、素材、サイズ、性能などを豊富に選択し、顔の値が高くなってきています。