Gerald Genta Octoシリーズの芸術のデザインのモデルの作

八角形の経典を演じるだけでなく幾何学のラインと腕時計の設計の完璧な応用にしながらも、愛する者たちに与えた表のサプライズも、素材からも工芸を出発し、この腕時計とは芸術の設計の模範の作。

 
このデザインは容易に連想させるオーデマピゲ経典シリーズロイヤルオーク。しかしとロイヤルオークの豪快マッチョに比べて、ブルガリOcto腕時計シンプル気前の盤面や独自の構成の中から110うどん殻やベゼルを表現できるのは別の1種のより高貴な気質。

 
ブルガリGerald Genta Octoシリーズ腕時計BVL193自動的にムーブメントを搭載し、これは一種の深い意味の作品は自然と組み合わせて具はず優れて非凡な「ムーブメント」。時針、分針、秒針表示で、3時位置に日付がある。ムーブメント震週波数4Hzを備え、2組のバネ箱を持って、強化の長期イソクロナス(isochronism)や、約ごじゅう時間の動力貯蔵。BVL193高級腕時計の標準に従い制作、セイコー密偵で、無紛争のトップレベルの自家製ムーブメントの列。

 
美的ニーズの多様化につれて、設計の前衛性、腕時計は注目の材質やムーブメントの革新以外にもなって、デザインの決定の勝負。贅沢品の大物たちの経典の表の形が通常異色、持ち前の設計優位でこれらの時計より若い人向き装着。