Hand Made 1手作りトタン腕時計:伝統的な表工芸に敬意を表します。

Greubel Forseyは、伝統的なウブロコピー表工芸を敬う新作「Hand Made 1」を発表したばかりです。新しい時計の名前は、表殻、文字盤、針、ムーブメントなどの95%の部品が全部手作業で作られています。腕時計全体で6000時間かかります。

 
白金のケースは、サテンの研磨処理により、直径43.5 mm、厚さ13.5 mmです。開放式の文字盤は小三針のレイアウトで、外縁は手作業で漆を塗る分の目盛りで、優雅な青い鋼線の針を組み合わせて、7時は陀飛輪で、1つの細い点は6時の「HAND MADE」の銘文で、常規のタイプの「SISS MADE」に取って代わりました。

 
Hand Made 1の手動上鎖ムーブメントは272個の部品が含まれています。手作業の精度で機械化生産に匹敵しにくいため、製作過程で500個以上の不良部品が淘汰されました。Greubel Forseyの専門家チームもムーブメントの構造を改造して、手作業で作ったムーブメントが正常に組み立てられ、作動することを確保します。

 
ムーブメントの調速器は完全に手作業で作られています。サイクリング、遊糸、拘束縦輪は20の歯を持っています。各歯は4つの面を切断して磨き、縦機構全体の加工時間は1ヶ月半かかります。手作業でドラフトを作るにはマシンの35倍の時間がかかります。一本のねじだけを作ると8時間がかかります。

 
「Hand Made 1」ブランドコピー時計は年間2~3枚しか生産できないと言われています。官価は60万~80万ドルの見込みです。