HAUTLENCE豪華紅金版VORTEX 02魅力的な機械芸術品

HAUTLENCEのVORTEXは2015年7月にデビューしました。三つの特許を持っています。レプリカ時計非凡な三次元のケースと合わせて、全方位で心が動くムーブメントを鑑賞できます。腕時計の速度調節機構のフレームは60分ごとに60度回転します。腕時計の前衛動感のデザインは毎時間同じではないので、VORTEXは魅力的な機械芸術品になります。

 
VORTEX 02は前衛的な覇気で、果敢なデザインと大気のムーブメントをそのまま使用していますが、全く新しい紅金の外観を選択しました。表殻の気質は優雅で、後で現代主義の建築と立体主義の風格は霊感の源として、活力の線、断面の構造と急進的で転覆式の外形を採用します。ケースには6つの3次元サファイア水晶ガラスがあり、それらを通して可動板ブリッジ式ムーブメントと速度調節機構の透明保護フレームを楽しむことができます。

 
VORTEX 02は半追跡式の時間、逆跳分と動力貯蔵指示機能を配合し、各角度から複雑なムーブメントのダイナミックな美しさを強調しています。文字盤はHAUTLENCEのシンボル的なデザイン理念を踏襲しており、その下部のサファイア水晶の文字盤は半透明であるため、二重に読むことができます。これはムーブメントの上質な板橋の複雑さを表しています。腕時計の可読性にも影響しません。

 
最初のVORTEXのように、VORTEX 02は解釈と再設計を経た自動上弦ムーブメントHL 2.0を搭載しています。HL 2.0はアイデアが十分で、会社の自主設計と製造のために、2010年に初のConcept d’Exceptionを通じて登場しました。新商品の自主設計と製造の自動上弦シャーシHLR 210は90度の角度を呈して、三つのHAUTLENCEから特許を受けて保護します。第一の特許は半追跡式の時間の12チェーンに属し、チェーンは60分ごとに着実に3~4秒進み、時間を表示します。このようなシステムは瞬跳式システムとは違って、或いはドラッグ式システムでは、前者が歩く時が速すぎて、鑑賞に間に合いません。後者は時間の正確な読みができない時です。半追跡式の時間システムは楽に回転してエネルギーを失わないで、ムーブメントと機械装置のダイナミックな美しさを鑑賞する機会があります。第二の特許は速度調整機構を可動板橋式ムーブメントに集積することである。表示部品によって駆動され、常に位置を変え、重力による影響を完全に補い、精度を向上させます。第三の特許は、ムーブメントツイストボックスの運転方式です。主バネボックスは、シャーシの自動巻き上げシステムによって弦を巻くので、第二のバネボックスに必要なエネルギーを提供します。第二のバネボックスは、複雑なシステムを駆動するために専用です。主バネケースは引き続き第二のバネケースに弦を通して、一時間ごとの転換に最適なエネルギーレベルを確保します。これは各複雑なシステムが単独で作動力を得ることができ、腕時計の精度に影響を与えないことを保証します。

 
VORTEX 02は28枚限定で、3つの優雅なベルトが付いています。包装ケースの中のドライバーで簡単に交換できます。バンドは大きい四角のうろこを持っていて、ゴム化された黒いまたは茶色のルイジアナワニの皮のバンド、または黒い純粋なゴムのバンドを持っています。どちらのベルトにも、2段のチタン金属の折りたたみ式のバックルがあり、4 Nのパネライコピー研磨金片がついています。