IWCはPorTOFINOに新しいバンドを交換する

今年はIWC創立150周年の大日で、初の150周年版限定腕時計を表展で一気に発売した。Poritfinoシリーズも例外ではなく、手を使って月相を作るスタイルで登場し、純正なブルーの表盤にはバラ金やステンレスのカバーがあり、非常にまぶしい。やっと数ヶ月を過ぎて、ブランドはそのためにシリーズの手の上で8日の動力は腕時計に新しい表帯を付けて、これは更にブランドのない試みである。この中には、青い表盤ステンレスの外装がミラノ・織網(Milanaise mes)のバンドを組み合わせて、従来のスウィッチを中心としたPorTfino腕時計を使って、元気なスポーツマンに変身。別の1項は、グレーの皮を用いて灰色の表盤を配合し、すぐに荒々しい。今回の試みによると、ブランドの未来は、表帯選択の方がもっと多様化し、他にもないシリーズのデザインがあります。

 
腕時計の直径45 mm、搭載された59210手の錬機軸を搭載し、8日間の動能を提供することができ、表盤9:00の位置にある針が残りの動能を指示することができる。

 

http://www.jpabcdef.online/