Manロフロート飛帰りのカウントダウンアルバムの新作

宝そろは、Manロフロート飛戻り値表シリーズの新バージョンを発売し、バラ金表殻+反色パンダ盤の組み合わせを採用し、ブランド1960年代の表金からインスピレーションを取り入れ、貴金属の質感を借りて、復古設計と現代風の間でバランスを求めている。表殻は直径43 mmで、ラインが滑らかで柔らかい、耳の両側は目立つキノコ形のカウントダウンボタン。表盤は黒、白、赤、金の4色の要素が融合し、視覚的には非常に明るい。剣の形の透かし彫りと楔形の時はいずれもバラの金の材質で、中央のカウントダウンの針は赤色を呈して、銀白色のカウントダウンディスクと秒針盤は同心のかたがたを飾り、同じ鋭い黒い透かし彫りの針を組み合わせて、6時にカレンダー窓とします。CFB 1970自動ブレスレットを搭載し、カウントダウン番号とカレンダー機能を備え、42時間の動力を蓄える。濃い灰色のカモシカの皮の表帯を組み合わせます。官価はしばらく公表していない。

 

http://www.jpabcdef.online/