MB&Fがついに女子時計を出しました。

MB&Fという独立したタブブランドは世をすねて、創意的に時計が破裂することで有名ですが、残念なことに十数年前からずっと男の時計だけを作っていました。数日前、MB&Fはついにこの慣例を打ち破りました。初めて女性用時計としてレガシーTime Machine FlyingTを発売しました。もちろん、デザインはいつもの通りにしません。

 
この表は全部で3つのバージョンがあります。それぞれブラックの文字盤とジャミングの文字盤と長いダイヤモンドの文字盤です。文字盤の中心には大きな窓があり、60秒の飛行陀飛輪の動きを楽しむことができます。丸い小さな文字盤が50度の角をしていて、陀飛輪に斜めにもたれかかっています。これを身につけている人はこのように読んでいます。

 
アーチ型の時計鏡もかなり独特です。表の直径は38.5 mmしかないですが、厚さは20 mmに達しています。これは主に蓋のような形をしたアーチ状の鏡です。

 
表の背にも、放射状の太陽模様が見える。内部には自動上鎖陀飛輪のムーブメントを搭載し、100時間の充電が可能です。バージョンによって価格は77万から212万元ぐらいです。