MIDO舵手シリーズ「伝承者」長動エネルギー脈拍計腕時計波を乗り切る舵取り

アメリカ度表の舵取りシリーズは長い歴史を持っています。1934年から発売されて、もう85周年の歳月があります。経典の設計と卓越した性能によって、舵手のシリーズは時間の試練を経験して、美度の最も長い青のシリーズの一つになります。

 
新たに発売された舵手シリーズ「伝承者」の長動エネルギー脈拍計腕時計は、深い青の絹光を用いて太陽紋の半球形の文字盤を磨き、独特の趣を持つ。316 Lのステンレスの円形のケースは、文字盤と鮮明な視覚的コントラストを形成しています。ケースの直径は40ミリです。脈拍計の目盛丸は文字盤の縁に置いてあります。心拍を測るために使うことができます。日付ウィンドウは6時位置にあります。時計の文字盤はサファイアのガラスの時計鏡から心をこめて加護して、復古の趣のレベルのダイヤモンドが時計の針と分針を切断して美度の一貫して堅持する美学の風格を継続しました。同時に、その針と目盛りは白いスーパー-LumiNova®夜光コーティング処理を経て、またこの表に現代の雰囲気を加えました。

 
時間の流れを恐れることなく、腕時計は先進的なタブ技術を採用しています。腕時計は新しい世代の米度カリバー80全自動マシン芯を搭載しています。運動エネルギーは80時間まで記憶できます。透明な背底から精緻に刻まれた全自動マシンの芯と、ジュネーヴの波紋とMIDOマークが飾られた自動振子がはっきりと観測されます。防水の深さは50メートルです。