Pilot’s Watch Timezoner「80 Years Flight to New York」ニューヨーク特別版世界時パイロット腕時計

IWCは、世界時とタイムテーブルの複雑な機能を搭載した「Pilot’s Watch Timezoner Edition 80 Years Flight to New York」を発表したばかりで、フランスの作家Antoine de Saint Exup ryが北大西洋を横断して80周年を記念して設計されました。

 
1939年7月、Saint Exuple ryはLat cence 521飛行機に乗り、フランス南西部のBiscarossを出発し、28時間27分で5875キロを飛行して米国ニューヨークに到着しました。今回の無期限飛行が北大西洋を越える歴史的な航路を目撃しました。

 
最新作は世界時のパイロットの最新バージョンをベースに、46 mmの精密鋼のケースを採用し、IWC特許を搭載したTimezonerタイムゾーンシステム――24のタイムゾーンの代表都市が、表輪セラミックリングに刻まれ、「パリ」と「ニューヨーク」が特別に赤に塗られ、Saint Exup rery旅程の起点と終点を表し、ボタンを押して世界を調整することができる。

 
文字盤はブラウンを基調とし、Saint Exuple時代のパイロット服の色からインスピレーションを受けています。時計の文字盤は12時に時間と分の時計盤を集め、3時はカレンダーの窓、6時の小秒盤には手書きの「A.」が作家のサインを表しています。レトロなアラビア数字の場合は内輪を24時間としてマークし、赤い矢印の付いた針を添えます。

 
自動的にIWC 89760を搭載し、周波数2800 vph、68時間の動力備蓄を提供します。精鋼の表の底にはLat ceco 521飛行機の模様が彫られています。
茶色の小牛革のベルトに合わせて、官価は14100ユーロで、限定80枚です。