PINTAREシリーズ腕時計BR 126スピー

黒の表盤は、素肌のコーティングを経て、反光によるセクハラを減らすことができ、同時に白の針と目盛りとは対照的で、飛行機の操縦室のような身だしなみのように、より正確である。表殻は直径約4 mmで、パントライトの大きな表盤と2つの波紋の小皿と微妙な階層感が形成され、刻度や針はいずれも白色の光反射コーティングを塗り、黒白の組み合わせが腕時計の読みやすい性を強めている。

 
表鏡はブルーの宝石の水晶の材質で、ドームの形の設計、経典の復古の外観を造営して、時計の鏡はめまい処理を防ぐことを経て、はっきりしていることを示して、黒色の固定表の輪は60秒の数字の度を刻んで、より便利なカウントダウンを読み取ることができます。表冠は、経典の歯車型表冠を採用し、時計冠の先端には、磨砂処理の底にあるサテンの「&」ロゴが印刷され、ブランドとして示されている。表冠の上の円形ボタンは、タイマーのスタートと停止ボタンで、下はタイマーのクリアボタンになります。