Qusarサファイアの時計のケースは空陀飛輪の腕時計を透かします:種類の星体

Grard-PaerregauxはマイアミWatch&Wondersのスーパーコピー時計展に新しく三橋陀飛輪の作品を出しました。

 
これはGrard-Paerregauxの最初の全サファイア水晶のケース作品で、ケースの直径は45 mmで、厚さは15.25 mmです。一つのサファイア水晶を全部カットして加工します。この一つだけで少なくとも200時間かかります。最後に完全に透き通って明るい外観を作り出します。ムーブメントは虚空の中に浮遊しています。腕時計の宇宙テーマに呼応します。—「Quasar」は「クラス星」という意味で、銀河系の千倍の光度を持つ活動星系核です。

 
正面から直接にムーブメントの三枚の橋板が見えます。アーチデザインはさらに高い透かしによる立体感を強調しています。ブリッジはブラストチタン合金で作られています。PVDコーティングで処理されて黒い色をしています。中央はプラチナのDauphineのダブル針で、6時は1分間の陀飛輪で、80個の部品を含めて、重さは0.25 gしかありません。

 
カリブブリエGP 9400-1035を搭載して、自動的にチェーンコアに乗り、カリブブリエ9400を改造して、マザーボードは完全に取り外され、手作業で透かしと面取りで磨き、動力は60時間準備されています。

 
ワニの皮のバンドを合わせて、官価は194000ドルです。