Sirius Chronographh Moon Phase 2019月位相計算コード表

Chronoswissは2019年のBaselworldにSirius Chronographh Moon Phase月相クロノグラフのフランクミュラーコピー新しいバージョンを発表しました。銀色の文字盤をより目立つ青に変えて、紺色のワニの皮のバンドを合わせることによって変化しました。

 
サテン研磨ケースは精密鋼で作られ、直径はわずか41 mmに縮小されます。新作は相変わらずChronoswiss腕時計の一貫したデザインスタイルを続けています。例えば、超大型サイズの表冠と側縁のローリング、メッキブルーの文字盤は二つの異なる珠玉の透かし彫り模様で飾られています。

 
タイムコード表、月相、カレンダー機能を搭載しているので、文字盤のレイアウトは複雑になります。一番外側の丸は日付の目盛り、12時と6時はタイマー盤、3時は月相盤、9時は秒針、中央の4つの針はそれぞれ時、分、計時秒、日付を指示します。

 
caliber C.725を搭載して、自動的にチェーンのムーブメントに乗ります。周波数は2800 vph、動力は46時間保存します。