Tag Heuer Autavia復刻第二世代

今年からTag HeuerディレクトリにAutaviaという名前が追加されました。1962年に誕生し、1985年に生産が停止されたモデルです。2年前に復刻版が発売された後、正式に独立しました。MonacoやCareraなどのシリーズと引き分けました。

 
Autaviaは2017年に再起した時にタイムウォッチをもとにしています。今回の独立運動は七剣の下で天山に協力されました。5種類のステンレスモデルに銅ケース2つの代表を加えて、三針の顔で人を示しています。銅殻の直径は42 mmで、茶色や黒い陶器の輪を備えています。スモークの文字盤は緑色や茶色が選べます。Autaviaの開国功労者は青銅の殻を除いて、実は更にブランドの自分で開発したIsograph遊糸があって、それはシリコンではありませんて、伝統の金属でもありませんて、ここ数年表殻の表面の上で大いにその道を行く炭素繊維で、本性は硬いです。もう半分撮りました。

 
炭素フィラメントを搭載したカリブブリエ5自動ムーブメントは、38時間の動力備蓄を備えており、提供時には分秒と日付が表示され、腕時計でも100メートルの防水が可能です。

 
Autavia
ケース:ステンレス(セラミックドーナツ)
サイズ:42 mm
ムーブメント:Calibree 5自動
機能:時、分、秒、日付
ベルト:子牛ベルト
防水:100メートル