TUDORチュードル織柄バンド

2010年バーゼル世界時計宝飾博覧会、チュードル表された啓承クロノ腕時計(Heritage Chrono)、そして付属織紋バンド。バンドの上のカラーのストライプと文字の組み合わせは、レース世界中の経典のレースの縞とは互いに照り映えしあう。この腕時計に好評を証明していたチュードルスタイル工房の鋭い潮流触覚。その後、帝の舵啓シリーズの各1項の腕時計はすべて専属の帝の舵を配備する。例えば最新アルバムのHeritage Ranger腕時計は、その中心に。バンド上の迷彩パターンは、印にはなく、色の糸で編まて。この制作方法を使って、比類のない豊富なテクスチャーを作成して、バンドの快適な耐久性を保証することを保証する。

 

 
多くのイノベーションは、軍によく、織っバンドの起源は軍にさかのぼりことができるようになっています。20世紀70年代の早期、NATO組織(NATO)は、統一ナイロンバンドを採用開始。このバンドは経済、快適ではないが、運動に適し、2000年から、織田紋のバンドブームが再び腕時計コレクションにもなっている。チュードルスタイル工房採用を決定した織田紋バンド、そしてその設計を徹底的に見直し、骨董品からスポーツカーのシートベルトシステムを楽しみ、設計を調節できる学校長のバンド。その後、帝の舵表は、「チューブ」がバンドに組み込む、バンドがしっかりと固定されて。果たして、チュードルスタイル工房を有名な伝統饰带会社で、同社はフランス僅かのいくつかの「Jacquardジャカード技術」を採用した会社。幸いにこの会社の助けになって、帝の舵の表はやっと何度実験することができて、図案は千変万化することができて。「Jacquard」もまた一つジャカード長所、つまりは緊密に編み作って濃密織紋を確保するため、この技術を使用してバンドは強さは弾性。