Ulysse Nardinは、特別な文字盤版Executive Tourbillowen Free Wheel陀飛輪の腕時計を発売しました。

Ulysse NardinはExecutive Tourbillowen Free Wheel陀飛輪腕時計ブライトリングコピーの4つの特別バージョンを発売したばかりで、それぞれオスミウム金属、砂金石、わらモザイクと炭素金を使って文字盤を作ります。これらの材料の特殊な質感によって、人々の目に触れる新しい視覚効果を作り出します。各バージョンの制限量は18枚です。

 
Executive Tourbillowen Free Wheel腕時計は2018年に発売されました。未来主義のデザインは立体感に富んでいます。ムーブメントのセットはまるで「浮遊」のように箱状のサファイアの鏡の中にあります。開放式の文字盤は二重針のレイアウトで、12時はバネの箱で、4時は動力備蓄インジケーターで、6時は一定の拘束力を持つ飛行陀飛輪です。

 
オスミウム(Osmium)の原子番号は76で、自然界の中で最も密度が高い元素であり、地球上で最も希少な金属の一つです。この金属は青い灰色をしていて、プラチナのケースに映えてダイヤモンドのような光沢があります。

 
「砂金石」は近年、表業界で流行している鉱物で、深い青の表面は夜空を思わせる星々で、バラゴールドとの取り合わせが優雅で華やかな雰囲気を演出しています。

 
「藁モザイク」の歴史は17世紀までさかのぼります。どの藁も専門の職人によって切断され、黒く染められ、象眼されています。この自然素材は極めて軽いので、文字盤やねじの負担を最小限に抑えることができます。

 
「炭素金」(Carbonium®Gold)材料は炭素繊維、スーパーコピー時計金粒子と樹脂で溶融され、硬度が非常に高い同時に密度はアルミニウム金属の半分しかなく、ダマスカス鋼のような独特なテクスチャを持っています。

 
44 mmのケースにUN-176の手動チェーンムーブメントを搭載し、7日間の動力備蓄を提供します。

 
オスミウムの金はプラチナのケースと合わせて、官価は10.2万ユーロで、他の3つのタイプはバラゴールドのケースと合わせて、官価は9.9万ユーロです。