Villeret経典シリーズ桜柄腕時計

ブランパン用たがね胎エナメル工芸、有棱有角の黄金5角形輪郭をスケッチしてはず円弧形に桜の花びらが、同時にまたで記入採用エナメルとマイクロ絵エナメル工芸、花びらの白と蕊の赤や、蕊の発散形状、還元真実の桜。この2種類の処理方式の融合、模写の範疇を超えて、すごく面白いの効果が現れ、思わず想像、ブランパン植えて桜の姿は、本当にこの。

 
ブランパンの巧思はそれだけではなく、桜の背景が設定されて黒い瑪瑙台座のように、画竜点睛のように、ブランパン用レーザー技術は黒瑪瑙彫っ亀裂のしわを現代のレーザー技術や伝統技術を運用して同時にエナメルでひとつの文字盤には、ブランパン、当社は「革新つまり伝統」の一貫したスタイルが認識度。